子供の食育について

子供を育てるうえでかなり重要なのが食事です。
その食事に関する知識などをつけて健全な食生活を送ることができるように育てていくのが食育です。

子供に対する食育を行うためには、まずは自分自身が食に関して知識をつける必要があります。子供はいきなり食事を選択することができないため、親である自分が知識をつけて子供に何を食べさせるのか、飲ませるのかを選択していくことが必要になります。
そして子供は親から受ける食事を体験することで自分自身の食に対する知識がついていきます。

現代は食事に関する選択が過去よりも難しくなっています。それは選択肢があまりにもたくさんあるためです。
しかししっかりと知識をつければ確実に過去よりも素晴らしい栄養をとりいれることができるのも事実です。
例えば、小さいころからファーストフードやお菓子などを与えすぎると栄養が偏り肥満になりやすくなったり、間食でおなかがいっぱいになってしまったり、ファーストフードなどの味を好むようになってしまえば、米や野菜などの主食を食べなくなってしまう恐れもあります。

なので親として子供に与える食事というのはとても大事になってきます。
現在では食育に関しては国レベルで食育推進を行っています。
農林水産省や内閣府でもHP等を作成しているので是非一度ご覧になってみてください。

また食べ物と同じように飲み物に関する知識も重要です。ジュースばかり与えていると糖質のとりすぎに陥りがちです。
小さいころも母乳で育てるのか粉ミルクで育てるのかでも成長に変化が出るという研究もされています。
家庭の事情もあるので一概には言えないですが、できれば母乳で育てたほうがよいという見解が多いですね。
また水も水道水よりも天然水やRO水が良いという意見もあります。
最近ではウォーターサーバーなどを利用している家庭も少なくないようですので、そういったものもとりいれてみるとよいかもしれませんね。
赤ちゃんがいる家庭にオススメの水サーバーから選ぶこともできます。
子供は大人よりも食事からの影響が大きいのでお水一つでも気をつける必要がありますね。
食育という言葉も最近多く聞かれるようになってきた現代では、子供も自分も健康的な生活を送れるように食事に関して知識をつけることをお勧めします。