子供の誤飲について

前回は食が大事だという食育をテーマに書きましたが、今回は間違えて食べ物ではないものを食べてしまった、誤飲してしまったときの対処法や誤飲しないようにする方法を書きたいと思います。

まず子供が誤飲してしまった場合、誤飲してしまった物によって対処法が異なります。救急番号に書けるようにしましょう。地方自治体で子供が誤飲してしまったときにアドバイスをくれるところがあるはずです。事前にメモしておいて緊急時にはまずそこに電話して対処しましょう。またそういうところがない場合はすぐに救急車を呼びましょう。救急隊員の方が救急車がくるまでの対処法を教えてくれるかもしれません。

洗剤など薬品を誤飲してしまったときに無理矢理でも吐かせようとしてしまいますが、それが間違った対処法の場合があります。なのでまずは専門の方の意見を聴くことにしましょう。
おもちゃなどを誤飲してしまい、のどに詰まって窒息しているときはうつぶせにしたり背中をたたいたりしてはかせるようにしてください。

また誤飲で多いのがタバコです。
たばこに含まれるニコチンですが、小さい子供にとっては劇薬と変わらないくらい恐ろしいもので、1本食べてしまっただけでも致死量に相当する場合があります。
たばこを食べてしまったりした場合はすぐに病院に連れて行ってください。
変に水などを飲ませないようにしてください。

とにかく小さいお子さんがいる場合は手の届く範囲に誤飲してしまいそうなものを置かないというのが一番の予防になります。
もし誤飲してしまった場合は自己判断せずに必ず専門機関などに対処法を聞いて下さい。